国際運転免許証を取ると海外旅行の楽しみ方が変わる

>

海外旅行をもっと楽しむために

そもそも国際運転免許証とは何なのか

国際運転免許証は、国内の普通運転免許証を所持していれば簡単な手続きで取得することができます。これさえあれば海外でも日本と同じように車を運転することができますが、日本の運転免許証と同時に携帯していることで有効になるので、旅行先などでは日本の免許証と国際運転免許証の二つを忘れず持ち歩く必要があります。日本の運転免許証のみだと法律違反になってしまうため、運転することができません。
ショートステイの場合であれば、無理に国際運転免許証を取得せず公共機関を利用したほうがより賢い選択であると思いますが、ロングステイの場合であったり、行った先の公共交通機関を利用することができない場合は、国際運転免許証を取得することで非常に便利になるでしょう。

ジュネーブ条約とは

国際運転免許証を取得する上で、ジュネーブ条約とは非常に大切で知っておく必要のある条約です。
ジュネーブ条約とは、道路交通に関する条約で、1949年に赤十字国際委員会にて締結されました。このジュネーブ条約に加盟している国では、国際運転免許証を取得することで車を運転することができます。
またジュネーブ条約とは別に、ウィーン条約と呼ばれる条約が存在します。これは1968年に締結されたもので、ジュネーブ条約からより発展した条約です。
海外で運転するには日本人の場合国際運転免許証を取得することが必須となっていますが、その向かう国がジュネーブ条約加盟国であることが重要です。加えて、日本はジュネーブ条約には加盟していますがウィーン条約には加盟していないので、日本で国際運転免許証を発行してもウィーン条約しか加盟していない国だと運転することはできません。